2014年2月15日土曜日

如月5.掃除機



f:id:BUSO:20140214225056p:image


何を買ったかは流行りのステマっぽくなるので(笑)書かないけれど、


最近の家電製品はホントすごいな!!(あ、Dソンは高すぎて買ってないです)





2014年2月8日土曜日

如月3.伊豆旅行6ラスト



f:id:BUSO:20140207224034p:image


そんなわけで、伊豆旅行日記は終了。


やはり旅はよいものです。





2014年2月6日木曜日

如月2.伊豆旅行その5



f:id:BUSO:20140205225741p:image


冬は空気が澄んでいて、景色を楽しむにはこの時期が一番良いような気がする。


f:id:BUSO:20140127102517j:image


大沢温泉 山の家。場所も川沿いの山の中で、木の橋を通って行く。


f:id:BUSO:20140127113907j:image


西伊豆スカイラインからの富士。


道路は整備されているのだが、ところどころに落石があり注意。


f:id:BUSO:20140127124655j:image


萬城の滝。脇にワサビ畑がある。


夏はキャンプとかもできて賑わっているのだろうが、


人はおろか車もいなかった。ワサビ食べたかったんだけどなぁ。





2014年2月4日火曜日

如月1.伊豆旅行その4



f:id:BUSO:20140203211828p:image



俺の家
http://www.orenoie.com/

雲見の町の風景を写真におさめるのを忘れたのだけれど、
町の中心に一本の川が流れ、
川の端は防波堤と橋が一体となった大きな壁で隔たれており、
その先をぬけると海風と遠くたたずむ富士がむかえてくれる。

多くの民宿が軒を連ね、迷路のような路地。
特に大きな店もなく、夜になるとネオンはおろか音もなく、ただびゅうびゅうと風がなく。
夜に部屋から抜け出し、路地を抜け、防波堤の橋を渡り、町から少し出た山陰に行くと真っ暗闇。
だが、空は 満天の星空。
寒空の中、かろうじて知っている星座を見つけてみたり、首をぐるりと回してみたりした。

旅が普段の世界から別の世界へ行くことなのであるのであれば、今回はまさに旅だった。